偽物が横行する通販バイアグラ

その通販、待った!バイアグラの偽物を販売する悪質な業者にご用心!

通販できる薬の量には制限がある

通販で頼める薬の量をメモに書いている男性薬を購入するときにはドラッグストアや薬局を利用することが多いです。
しかし日本では販売が認められていない薬もたくさんあります。
このような薬を手に入れる場合には、個人輸入を行わなければいけません。
また国内で販売が認められている薬を購入する際には、時間がないので直接薬局などに行けないという人もたくさんいます。
このような場合にはインターネットなどを使って通販で購入するという人もいます。
ここで気になることは、通販できる薬の量には制限があるのかということです。
実際に厚生労働省ではこれがしっかりと決められています。
医薬品や医薬部外品や化粧品などを輸入するときに、個人の場合には、原則として地方厚生局に必要書類を提出して、営業のための輸入ではないということを証明しなければいけません。
たとえば医薬品や医薬部外品の場合には、外用剤では標準サイズで1品目目が24個以内とされています。
劇薬や処方箋薬に関しては、用法や用量から見て1ヶ月分以内とされています。
これら以外の医薬品や医薬部外品に関しては、用法や用量から見て2ヶ月分以内となっています。
この時に注意しなければいけないことは、健康被害が起きる可能性がある医薬品に関しては、医師からの処方箋が必要であると言うことです。